ムーンガンダムのアニメ放送はいつ?可能性の検証とあらすじ解説

ムーンガンダムにアニメ放送はいつ?可能性の検証とあらすじ解説

2017年から「ガンダムエース」で連載中の漫画『機動戦士ムーンガンダム』。

「ガンダムUC」の著者で知られる、福井晴敏氏が原作・原案を務めたことから、話題になっています。

2019年は、ガンダム40周年ということで、ますます盛り上がりを見せるガンダムシリーズですが、『機動戦士ムーンガンダム』のアニメ化は来るのでしょうか?

「アニメ化される?」「やるとしたらいつ?」という可能性を考察していきます。

また、序盤のストーリーや注目のキャラクターも、わかりやすく整理してまとめました。

ムーンガンダムのアニメ化の可能性は?

今のところ、『機動戦士ムーンガンダム』にアニメ化の発表はありません。

しかし、アニメ化される可能性は高そうです。

理由はこちら。

~『機動戦士ムーンガンダム』がアニメ化されそうな理由~

・「機動戦士ガンダムUC」や「機動戦士ガンダムNT」の福井晴敏氏が原作
・『機動戦士ムーンガンダム』が福井晴敏の宇宙世紀構想の一部だから

1つ目の根拠は、単純に「売れそうだから」です。

福井晴敏氏の小説「機動戦士ガンダムUC」は、アニメ化された際に大ヒットしました。その時のBD売上が以下になります。

~『機動戦士ガンダムUC』円盤売上枚数~
BD第1巻 187,006枚

187,006枚。めちゃくちゃ売れてますね。

3,000枚でヒット作扱いの現代において、異常な数字。さすが可能性の獣。

「ガンダムNT」や、「ガンダムUC2」の映像化企画も決まり、「ガンダムUC」のヒット以降、福井晴敏氏原案の企画は、更に勢いを増しています。

営利企業として放っておかないでしょう。

(影響力で言えば、もはやプロデューサーレベル?)

アニメ化しそうな2つ目の根拠は、『ムーンガンダム』の設定が、福井晴敏の壮大な宇宙世紀構想の、重要なエピソードになるからです。

どういうことかというと、「機動戦士ガンダムUC」や「機動戦士ガンダムNT」にも登場したサイコフレームは、『ムーンガンダム』で、サイコプレートという形で登場します。

福井晴敏氏いわく、このサイコフレームの存在は、「開けてはいけない禁断の扉」とのこと。

※『機動戦士ガンダムNT』×『機動戦士ガンダムオンライン』 コラボレーション対談より

対談では、「サイコフレームにまつわる謎を、これからの宇宙世紀作品で、長いスパンで描いていく」という意向が伺えます。

『機動戦士ムーンガンダム』も、ニュータイプが登場する、かなり踏み込んだ設定です。

世界観の関連性から考えても、最初からアニメ化を狙って動いているのではないでしょうか。

今のところネットでは、やはり「機動戦士ガンダムUC」「機動戦士ガンダムNT」と同様に、OVAか劇場版になるのでは?という声が多数です。

原作のように、線の多いMS作画をアニメで再現すると、TVシリーズではもたなそうですしね。

ネットの声

ネットでもアニメ化に期待が寄せられています。

アムロ・レイ役の古谷徹さんもコメントしていました!

『ムーンガンダム』がアニメ化した際には、アムロも登場しそう!そこも楽しみです。

ムーンガンダムのアニメが放送はいつ?

『機動戦士ムーンガンダム』がアニメ化されるとしたら、一体いつ頃になるのでしょう。

これは結論から言うと、早くても2022年近く、かなりかかりそうです。

というのも、現在の最新刊である3巻は今、ようやくムーンガンダムが起動したところです。

原作の単行本発売ペースはこちら

~ムーンガンダム 漫画単行本発売ペース~

1巻 – 2018年9月26日
2巻 – 2018年9月26日 1巻と同時発売
3巻 – 2019年3月23日
  ここまでが既刊。(3巻までが第1部という構成)

4巻 – 2019年10月25日発売予定(確定)

これまでの発売ペースは、大体6、7ヶ月に1冊出ています。
つまり、1年に2冊のペースということですね。

ここからは予想。

~ムーンガンダム 漫画単行本発売日予想~

5巻 – 2020年4月(予想)
6巻 – 2020年10月(予想)

ここまでが第2部?

これまでと同様に、3冊で一区切りという扱いなら、2部が終わる頃にはもう、2020年の秋頃ですね。

何部まで続くのかはわかりませんが、完結もアニメ化も、相当先になりそうです。

以上の点から、早くてもあと3年はかかると考え、2022年と予想されます。

ムーンガンダムの内容やあらすじ

『ムーンガンダム』をまだよく知らない方もいると思うので、大まかなあらすじと、機体やキャラクターを紹介していきます。

あらすじ・ストーリーをわかりやすく紹介

ではここで「『ムーンガンダム』を読んだことがない」「面白いの?」という方のために、あらすじを紹介します。

未読の状態でwikiなどのあらすじは内容がピンとこないですよね。ポイントをまとめると、次のような設定です。

~ムーンガンダムの舞台設定や主人公~

・時代:宇宙世紀0091
・時系列:『ZZ』と『逆襲のシャア』の間
・舞台:機械禁止のコロニー「ムーン・ムーン」周辺
・主人公:ムーン・ムーンの少年ユッタ・カーシム

物語の舞台は、『ZZ』に2話だけ登場したコロニー「ムーン・ムーン」が舞台です。

ムーン・ムーンでは「機械が禁止」で、多くの住民が自然の中で暮らしています。電気や通信機は使ったことがありません。

その弊害として、医療技術も不十分。

結果、主人公のユッタ・カーシムの父親は、医療処置ができなかったせいで、亡くなってしまいました。

父が亡くなった経験から、ユッタは「良い技術は禁止せずに、取り入れるべきだ」という、ムーン・ムーンでは異端の考えを持つようになります。

そして外界の技術に興味を持つようになったユッタは、おきて破りをしつつも、特例として「戦士隊」で働くことになるのです。

そんなときに、宇宙船で事件が発生。

ロンド・ベルとネオ・ジオンの戦いに巻き込まれます。

友達を助けようとしたものの、一緒に宇宙に放り出されてしまうユッタ。

その後、宇宙漂流したり、ジオン軍人のアゴスに助けられたり、ミネバ・ザビを助けたりと、波乱万丈な展開になります。

いよいよピンチのとき。

負傷したアゴスに「ムーンガンダム」を託されたユッタは、ガンダムのパイロットになって戦いに挑む覚悟を決めます。

みたいな流れが、序盤のあらすじですね。

普通に面白いので、原作をオススメします。

ちなみに、舞台のムーン・ムーンが「機械禁止」になった経緯には、歴史的な陰謀などがあるようです。

『UC』もそうでしたが、福井晴敏さんはキャラクタードラマと、歴史的な設定を同時進行させるのが上手いですね。

キャラクター

『ムーンガンダム』には多くのキャラクターが登場します。

とくに注目のものをいくつか紹介しておきます。

~ムーンガンダムで注目のキャラクター~

・主人公:ユッタ・カーシム
・ネオ・ジオンの強化人間:アゴス・ラガート

・ネオ・ジオンの姫:ミネバ・ラオ・ザビ
・伝説のニュータイプ:アムロ・レイ
・伝説の館長ブライト・ノア

一番の注目キャラクターは、やはり主人公です。

テクノロジー禁止のコロニーで育ったものの、父が亡くなった体験からテクノロジー肯定派になった主人公、という立ち位置が面白いですね。

頭に羽をつけたビジュアルが強烈で、ゲームに登場しても大いに目立つでしょう(笑)。

そんな主人公にムーンガンダムを託すアゴスもいいキャラですね。

また、ミネバ、アムロ、ブライトなどの過去キャラが登場するのも見どころでしょう。

脇を伝説の人物で固めるのは、歴史小説に織田信長が出てくるみたいで、グッとくるものです。

モビルスーツ

モビルスーツはこんな感じです。

~注目のモビルスーツ~

・主人公機:ムーンガンダム
・サイコミュ搭載型モノアイ機:バルギル
・小型サイコガンダム:サイコガンダムMk-IV G-ドアーズ
・アムロが乗る:リック・ディジェ

主人公機のムーンガンダムは、元からムーンガンダムとして設計されたわけではありません。

複数のモビルスーツを繋ぎ合わせたような機体です。

ムーンガンダム=バルギルの胴体 + G-ドアーズの頭 + 遠隔兵器「サイコプレート」

「ガンダムタイプ多すぎ」と辟易していたガノタも多いと思いますが、ムーンガンダムは「元はガンダムではなかった」というふうに、捻ってきましたね。

(結果としてはまたガンダムタイプなのですが。)

そんなムーンガンダムの一部となった機体は、サイコミュ搭載型モノアイ機の「バルギル」と、サイコガンダムを小型に改良したG-ドアーズです。

どちらも『Zガンダム』や『ZZガンダム』に登場した機体の系譜です。

「サイコガンダムが小型化されていた」という設定は、『逆シャア』以降に大型MSが登場しなくなっていることとも、整合性が取れます。

アムロのリック・ディジェやシータプラスも、後付設定感がなく、宇宙世紀の機体らしくて、個人的にも好印象でした。

ムーンガンダムのガンプラと漫画の情報

原作3巻では、かなり盛り上がるところで終わってしまった『ムーンガンダム』。

ということで、気になる最新巻と、ガンプラ情報です。

・原作4巻は10月25日に発売予定

前述した通り、原作は現在3巻まで発売されています。
そして、原作4巻は10月25日に発売予定です。

続いて、ガンプラ情報です。

・ガンプラ、HG『ムーンガンダム』発売中

主人公機である『ムーンガンダム』は既にキット化済みで、今後は他の機体も商品化されていきそうです。

HG『ムーンガンダム』の発売は早く、原作の単行本1巻と同様に、2018年9月の発売でした。

これは、ちょっとした「スピンオフ漫画」にとどまらない気合の入り方ですね。

続いて、クリアカラーバージョンも発売されます。

ムーンガンダムのアニメ化について まとめ

では、ここまでのまとめです。

・ムーンガンダムは、第3巻(第1部)まで単行本化
・アニメ化の可能性は高く、OVA、劇場版という説が濃厚
・放送するとしたら、早くても2022年近く
・内容は、「ムーン・ムーン」を舞台にZZから逆襲のシャアの間のエピソードが描かれる
・ガンプラと漫画は正式に発売決定

ということで、原作が順調に進んでいけば、高確率でアニメ化されそうという予測になっています。

まだ可能性の段階ですが、『UC』でも「人間だけが神を持つ。可能性という内なる神を」というセリフがありました。

可能性を信じてみましょう。

サイコプレートを展開して動くムーンガンダムは、是非アニメで見たいですね。

「閃光のハサウェイ」「Gレコ」「ガンダムUC2」と、まだまだ先の展開が控えていますが、楽しみに待ちましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする