マナリアフレンズのアニメ2期は?続編の可能性を考察

「神撃のバハムート」の人気キャラ、アンとグレアの2人を描いたショートアニメ『マナリアフレンズ』。

2019年1月から3月まで放送され、大ヒットしました!

ゲーム内イベント「マナリア魔法学院」のアニメ化作品である『マナリアフレンズ』は、ネットで早くも「2期やってほしい」という声で溢れているようです。

では、2期の可能性を予想していきましょう!

マナリアフレンズのアニメ2期はある?

現在、『マナリアフレンズ』の2期は発表されていません。

しかし、アニメの評判が良かったことと、「神撃のバハムート」にも2期があったことから、2期をやる可能性が高いアニメと言えるでしょう。

アニメ「神撃のバハムート」では、2期で主人公が交代し、1期の主人公は脇役として出ていました。

これを当てはめて考えるなら『マナリアフレンズ』の場合は、単純に2期というより、番外編のような形式になる可能性もあります。

別のキャラにスポットライトを当てた、ショートアニメをやるかもしれませんね。

マナリアフレンズの円盤・売上枚数

アニメでは一般的に、BDが売れるほど、続編が決まりやすいと言われています。
『マナリアフレンズ』のBD売上はこちら。

~『マナリアフレンズ』の円盤売上・枚数~
第1巻:21,039枚

21,039枚!めちゃくちゃ売れてますね!

『マナリアフレンズ』のBDは1巻につき約1万円で、全2巻という形で発売されました。

特典には「ダマスカス鋼、金剛晶、ヒヒイロカネ」といったゲーム内アイテムなども付属してきます。

これらの特典も売上を大幅に向上させたのでしょう。

今後こういった売り方のショートアニメはますます増えていきそうです。

特典がネタになり、ネットではこんなつぶやきもありました。

怒ってるんだか、2期期待してるんだか、単に特典欲しいんだかわからない……。

こういうネタ好きです。

ソシャゲ原作アニメの2期にBD売上は関係ない?

ソーシャルゲームを原作としたアニメは、ゲームの宣伝としての側面が強くあります。

BDが売れていないからと言って、2期が作られないとは限りません。

(売れるに越したことはありませんが)

神撃のバハムート1期の売上がこちら

~『神撃のバハムート GENESISの円盤売上・枚数』~
第1巻:初動3,315枚

全く売れていないという程ではありませんが、2期が期待できるものではないですね。

しかし、結果的には『神撃のバハムート2期』が決まり、しかも2クールに拡大していました。

このように、必ずしもBDの売上によって続編が作られないわけではありません。

Cygames(サイゲームス)側が、どの程度の予算をかけてゲームを宣伝したいかによって続編の有無が分かれるということですね。

グランブルーファンタジーや神撃のバハムートとのコラボは?

世界観に共通点のある『ランブルーファンタジー(GBF)』『神撃のバハムート』もアニメ化されています。

2014年『神撃のバハムート GENESIS』MAPPA制作
2017年『神撃のバハムート VIRGIN SOUL』MAPPA制作
2015年『GRANBLUE FANTASY The Animation』A-1 Pictures
2017年『GRANBLUE FANTASY The Animation Season 2』MAPPA

一部のファンの間では「マナリアフレンズのキャラがGBFに出てきたりしないかな」とも言われていますね。

・制作会社が異なる
・ゲーム通りのシナリオだとマナリアの登場は当分先になる
・『GBF』と『神撃のバハムート』のアニメも続編が放送されていない

など、課題もあります。

ただ、どれかのアニメ続編制作があれば、ゲスト出演くらいはあるかも知れませんね。

マナリアフレンズ2期を求める百合好きの声

『マナリアフレンズ』はゲーム原作のため、放送前は「ゲームを好きな人用」のような認識をされていました。

ですが、実際に放送されてみると、百合好きな人に愛される作品になっていました。

海外のアニメファンの中にも「YURI!」と呼ばれ、『マナリアフレンズ』の続編を望む声は増えている模様です。

マナリアフレンズのアニメ2期について まとめ

では、今回のまとめです。

・アニメ『マナリアフレンズ』は、2期をやる可能性は高い
・円盤・売上枚数は、21,039枚
・ゲーム宣伝用のアニメにBD売上は影響しにくい< ・『グランブルーファンタジー』や『神撃のバハムート』が続編になる可能性も? ・百合好きに2期が待望されている

これまでの「神撃のバハムート」シリーズのアニメ化を見るに、作品によって、ガラリと方向性を変えてくる傾向がありました。

仮に新作ショートアニメがあったとしても、『マナリアフレンズ』の正当な続編として、アンとグレアをメインにしたアニメにはならないかもしれません。

しかし、ゲームのサービスが続く限り、「神撃のバハムート」や「グランブルーファンタジー」関連で、何らかのアニメはこれからも定期的に作られていきそうです。

そして、特典が配られるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする