荒ぶる季節の乙女どもよ(荒乙)アニメ2期や続編はない?続きは原作何巻から?

荒ぶる季節の乙女どもよ(荒乙)アニメ2期や続編はある?続きは原作何巻から?

『別冊少年マガジン』より連載されている『荒ぶる季節の乙女どもよ。(通称『荒乙』)』。

岡田麿里さん原作・脚本の本作は、性に振り回される女子高生を描いた作品ですね。

2019年7月からTVアニメ化され、ネットでも「下ネタ言わせたいだけかと思ったら、意外と面白い」と話題になっています。

ところで、このアニメ『荒乙』、続編はあるのでしょうか?

これぞ岡田麿里の十八番!といった作品で、個人的にも毎週楽しみに見ているので、気になるところです。

というわけで、「2期はあるの?」「原作はどこから読めばいい?」という疑問を、原作やアニメの進み具合などを見て、考察していきます!

※最終話放送後追記。最終話が放送されましたね!本記事は、9話時点で書いた内容でしたが、考察の趣旨はそれほど変わりません。参考にお読み下さい。

荒ぶる季節の乙女どもよ(荒乙)アニメ2期・続編はない?

『荒ぶる季節の乙女どもよ』は2019年9月現在の段階で、アニメの続編2期の発表はされていません。

残念ながら、おそらく『荒乙』2期はないでしょう。

理由はこちら

~『荒ぶる季節の乙女どもよ』2期がなさそうな理由~
・原作が8巻で完結するから
・原作終盤までアニメ1期で完走しそうだから

現在の原作は既刊7巻で、次巻の8巻で完結してしまうようです。

原作に対して、アニメの進み具合は今、9話目で、これは原作の6巻にあたります。

まとめるとこんな感じです。

・アニメ1話~8話:原作1巻~5巻
・アニメ9話~12話(13話?):原作6巻~8巻(完結)

このように、アニメと合わせて、原作も同時に終了することが予想されます。

ペースを上げないと、最終巻だけ残りそうなのが気になりますが、原作者と脚本家が同一人物なので、自然なラストにはなるでしょう。

何にせよ、1クール分の2期はないと思った方がいいです。

それでも、ネットでは2期や続編を望む声もあるようです。

荒ぶる季節の乙女どもよの2期・続編を望む声

みなさんハマってますね。

前述の通り、アニメ1期で完結の可能性が高いのですが、円盤がバカ売れしたりすれば、『荒乙 劇場版』や『OVA荒乙』が出る可能性はあるかも知れません。

円盤の売上はどれくらいになりそうなのでしょうか?

円盤販売は9月27日 アニメ荒乙の売上枚数は?

9月現在、まだブルーレイ・DVDは販売されていません。

予約段階のamazonランキングの順位では、だいたい2,000位~10,000位の辺りを大きく行ったり来たりと、安定していないようです。

・2019年9月3日の順位:約2,000~10,000位の間

そしてここからが予想になります。

~『荒ぶる季節の乙女どもよ(荒乙)』円盤売上枚数予想~
・売上は1,000枚~3,000枚の間と予想

原作を扱ったアニメでも、キリ良く終わらせた方が満足感があることに変わりはありません。

その点、アニメ『荒乙』のペースだと、ラストまでキッチリ映像化される可能性が高いため、完成品として、最終回後に売上が伸びやすいタイプと予想されます。

また、この作品はターゲット層が特に限定されていないため、男女共にファンがいることが強みとなりそうです。

しかし、こんな弱点も

~円盤売上が伸びなさそうな弱点~
・流行には乗れていない
・アクションなどはなく地味

流行りの「異世界モノ」や、「美麗なエフェクト」、そして「バトル」といった派手な要素はありません。

面白くても「ブルーレイの高画質で見たい作品か?」と聞かれると、ちょっと微妙。

それどころか、地味な文芸部女子達にスポットを当てた作品であるため、アニメとしての絵面は当然地味。

筆者自身も楽しみにしているアニメとはいえ、どんなにヒットしても、合計5,000枚は行かないだろうと予想しました。

やはり、続編は厳しいかなという売上ラインですね。

(最近は売上3桁のアニメが多いため、これでもやや高めの予想のつもりです。)

販売数確定後に、正確な情報は追記します。

荒ぶる季節の乙女どもよの原作ストック

続編の有無を決める要因の1つは、原作ストックです。

ですが、現在放送されている『荒乙』アニメ9話は、原作6巻の途中までの内容です。

よって、最終8巻までの、ほとんどの全てのストックを使うことは確実です。

・原作、アニメ共に完結が予想され、おそらくストックは無くなる

仮に劇場版などが制作されても、オリジナルストーリーになりそうですね。

荒乙アニメの続きは原作の何巻から?

アニメで『荒乙』に興味を持った場合、原作をどこから読んだらいいのでしょうか?

前述の通り、アニメでも完結しそうなので、「ここからが続き」ということは無くなりそうです。

しかし、終盤がアニメ用に改変された場合は、7巻から読んでいくと良いかもしれません。

~『荒ぶる季節の乙女どもよ』の原作を読むなら~

・アニメでラストが変わった場合
 →原作7巻から(終盤だけ読みたい人)

・普通に楽しみたい場合
→原作1巻から

原作では、アニメでカットされているエピソードもあります。

アニメを全て見た上で、興味を持った方なら、1巻から読むのが、変更点を含めて最も楽しめるでしょう。

荒乙アニメ2期・続編があるならいつ?

2期の可能性は低いわけですが、続編は本当にありえないのでしょうか?

目安としては、仮に続編があれば、アニメ終了後の1年以内、2020年には発表があるはずです。

アニメと原作が終わってしばらくすると、話題性が消えてしまいますから、注目度のあるうちに告知すると考えられるからです。

そして続編があれば、2年後の、2021年には公開されているでしょう。

その頃には、とっくに原作も終了しているので、2年で何の発表も無ければ、素直に諦めた方がいいですね。

~もし『荒ぶる季節の乙女どもよ』続編・2期があるとしたら~

・2020年以内に発表
・2021年以内に映像化
=それ以降の続編はほぼなさそう

ちなみに、原作者である岡田麿里さんはアニメの脚本を多数と、劇場作品の監督経験があります。

BDがよっぽど売れて大ヒットしたら、アニメオリジナルで劇場版を制作する、という流れは完全否定はできません。

しかし、内容的にも、ほぼ無いと言っていいでしょう。

荒ぶる季節の乙女どもよ(荒乙)アニメ2期について まとめ

では、今回のまとめです。

・荒ぶる季節の乙女どもよの原作が完結
・荒乙2期は、おそらく無い
・円盤販売は9月末。
・原作ストックはアニメで使い切る可能性が高い
・原作を読むなら7巻か1巻から
・2期があるとしたら、2021年には映像化の可能性が高い

ということで、残念ながら2期はほぼないだろうという結果になりました。

続編には期待できませんが、最後までしっかりオチが描かれそうで、凄く楽しみですね。

アニメの展開の方は現在、相当ドロドロしてきている様子。

今後もラストに向けて、目が離せません!

※最終話放送後追記。11話の時点で「これまともに終われるのか?」と思ったりしましたが、最終的には良いエンディングだと感じました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする